様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. ART
  3. 2020/9/26(土)〜9/27(日)『OSAKA SHODO SHOW 2020』- EVENT INFORMATION –
ART

2020/9/26(土)〜9/27(日)『OSAKA SHODO SHOW 2020』- EVENT INFORMATION –

ART

『OSAKA SHODO SHOW 2020』

OSAKA SHODO SHOWは、ART SHODO FESTAの審査を通過した、現代アーティストとして活動する書家たちを関西で紹介するグループ展です。マルセル・デュシャン以降の現代アートの潮流と、書道としての歴史的必然性を踏まえて、旧態依然とした書道界から脱却し、新たなる書道界を構築しようとする試みです。ぜひ、ご高覧下さいますよう、お願い申し上げます。

[Facebook] https://www.facebook.com/osakashodoshow/
[tumblr] https://osakashodoshow.tumblr.com

OSAKA SHODO SHOW WEB展覧会 

出品者有志によるWEB展を同時開催いたします。(2020年12月27日22:00まで)

 

【参加アーティスト】
Keizan / Saori Kunihiro / Haru Yamaguchi /Yoko Morishige / 岩崎冬僊 / 神谷順子 / 木村静 / 菅広 / 桐洋生 / グウナカヤマ / 久保山泰子 / 岡淵静 / 坂巻裕一 / サムラカズコ / セキマリエ / 曽田浩隆 / 高濱渉 / 滝沢汀 / 竹村敦子 / 中嶋敏生 / 中村美帆 / 南岳杲雲 / 西垣一川 / 野口裕司 / 日野公彦 / 増田達治 / 三桝正典 / 目時白珠 / 山本尚志 / ロミコタナムラ(30名 50音順)


【開催期間】

2020年09月26日(土)
〜 2020年09月27日(日)

*WEB展覧会は2020/12/27(日)まで


【開催時間】

9月26日(土)14:00~19:00
9月27日(日)12:00~17:00


【会場】

シーサイドスタジオCASO
〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通2-7-23
06-6976-8831


【入場料】

500円(税込)

・チケットは予約販売のみとなります。
・入場は以下の通り、時間帯別となります。ご希望時間帯の入場券を下記BASEショップページにて事前にご購入ください。

*チケットの時間帯について
(同一時間帯に入場できる展示室内最大滞在人数は、原則6人とします)

9/26 (土)
14:00-14:55 6人
15:00-15:55 6人
16:00-16:55 6人
17:00-17:55 6人
18:00-18:55 6人

9/27 (日)
12:00-12:55 6人
13:00-13:55 6人
14:00-14:55 6人
15:00-15:55 6人
16:00-16:55 6人

【チケットの購入はこちら】
https://osakass.thebase.in/


【ご来場の際のお願い】

感染症対策へのご協力をお願いいたします。ご不便をおかけしますが、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

・体調不良の方は、入場をお控えください。
・必ずマスクの着用をお願いします。
・その他、入場の際に、人数制限、観覧時間制限などのお願いをしております。


【主催】

OSAKA SHODO SHOW実行委員会
文責
OSAKA SHODO SHOW代表代行
Haru Yamaguchi

出展作品の一部ご紹介

南岳杲雲

[Web] https://www.ko-un.org
[Instagram] https://www.instagram.com/awajishimanangaku/

■ 作品解説
(タイトル:五大「地」より)

私たち人間は「地」に引き寄せられ大地に立つ、そんな小さな存在だ。
だから、最初に私は支持体となった木の部分に「五大」の中の「地」を書いた。
「五大」とは、地水火風空のことであり、その中の「地」を書いたというわけだ。それ以外には何も足さなかった。
次に「空」について思いを巡らせる。
「五大」においては「空」がこの世に存在するすべてのものの姿ではないかと考えるからである。
その「空」を私は白で表現した。
ところで、すべてのものには「色」がある。所謂「色即是空空即是色」である。
最後に私は「色」とは何かを考えてみた。
そして、様々な色の絵具を混ぜ合わせると最後には「黒」くなることに気づいた。
また、夜空を見上げれば「黒」であり、そのまた外側の宇宙もまた「黒」であろう。
本作中の「黒」は自分である。それは全ての「色」の集積であり、小さな一つの「宇宙」に他ならない。
何もない「地」に立つ私は、私の周りにある「空」を思い、そして「色」の集積である「黒」を書いたのである。
そうやって私は今、全てを感じている。