様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. FASHION
  3. 『Vrisko』山村いつかのイツカ目線 #3
FASHION

『Vrisko』山村いつかのイツカ目線 #3

FASHION

わたしが今回ご紹介したいのは、古着屋さん『Vrisko』

黒 白 静寂 時々、赤。

Vriskoの店内にはモノトーンの服が所狭しと並べられ、時々ドキッとする様な赤のアイテムがちらりと顔をのぞかせます。

久しぶりに、ゆっくりとお店に来ることができた、或る秋晴れの日。

静かな店内で流れていたのは、フランスのあるアーティストの作品。柔らかい電子音や子供の声、儚げなピアノの旋律などがVriskoの世界にそっと寄り添って、無音よりもさらに深い静寂に包まれているようでした。

フランスやハンガリーで買い付けをされるのだと、店主の福田玉水さんが教えてくれました。たくさんの心ときめく服が海を渡って丁寧に並べられいる。その片隅ではユニークな装飾品たちがそっと息を潜めていて、なぜだか不思議な感覚に堕ちてゆく。

Vriskoで過ごすひとときは、まるでフランス映画のワンシーンのよう。

第一回目に紹介させていただいた「Xanadu Tokyo」もそうですが、心から信頼の出来る、服を愛する人がセレクトした服が並んでいる空間は、私にとって今ではなくてはならない貴重な存在となっています。

・・・

都営三田線 蓮根駅から歩いて5分のところにVriskoはあります。

電車に乗って、蓮根駅に近づくにつれて私の心は静かに躍る。アン、ドゥ、トロア。。

黒 白 静寂 時々、赤。

みなさまもぜひ、Vriskoへ。

Vrisko 古着 | 植物
住所 〒174-0043
東京都板橋区坂下2-14-17 1F
TEL 03-5918-7821
営業時間 11:00-18:00(定休日 / 木曜日)
HP https://www.vrisko.jp/
Online Shop https://vrisko.theshop.jp
SNS Instagram

Twitter

Facebook