1. HOME
  2. ART
  3. 暮らしの中にワクワクする芸術やアートを
ART

暮らしの中にワクワクする芸術やアートを

ART, CULTURE

229

こんな私が寄稿していいのでしょうか!?とソワソワしながらも、普段から芸術、アートを通してワクワクする事だらけなので、これからこちらで共有できたらと思っています。
さて、初回なので、私の事について少し。私は高校で美術の非常勤講師をしながら、人間の身体をモチーフに立体、彫刻作品をつくっています。彫刻?興味ないわ、など思わず最後までお付き合いください…。

彫刻、というと皆さん、木や石で出来たものを想像する方が多いですが、塑造といって粘土で原型を作り型取りをし、型にブロンズや樹脂を流し込んで作るという技法のものもあります。街中にある人間の彫刻を見かける事があると思いますが、多くのものがその技法でブロンズなどを流し込みできています。

私は型取りはせずに、粘土でつくった原型をそのまま作品にしています。
まぁ作り方についてはざっくりとこれくらいにしておいて…。

私は人間の姿や、その表情に心を奪われる瞬間があります。ただ、綺麗に忠実に人間の身体を造形していくのではなく、「人」の何気ない動作をモチーフにし、言葉を使わずに「作品」の中に「人」から生まれる色々な感情を内在させ、表現しています。

実は彫刻は独学の為、作品によっては自分が表現したいものにたどり着くまでになかなか納得出来ず、何時間、何十時間もかかったものを潰してしまう場合があります。
正直放心状態です。でもうまく行っていない事に気づきながら、誤魔化し続けて粘土を重ねても、最終的に納得いかないものにしかならない事を知っているので、そうするしかありません。笑

だけどそうやって向き合って出来た作品は私にとってとても良い、愛しい作品となり、毎日朝起きてコーヒーを飲みながら、夜寝る前には作品に話しかけ眠る。。。

どれだけ見つめても飽きないのです。誰かに認めてもらう為、見せる為につくるのではなく、自分と正面から向き合って、自分が納得するまで、愛情がいっぱいもてる作品を1つずつ、つくる事が私の作家としての幸せです。

そして私が作品をつくっていく中で”人”との関わり合いはとても大事な要素です。もともと私は人が好きです。違った価値観や感覚をもった人、逆に近い感覚をもち合わせている人と出会い、感じて、考える。その中で自分というものを見つめ直し、自分と向き合い、ありのままの自分から湧き出すものを表現する、そしてまたそこから新しい出会いや刺激を受けます。神戸には面白い場所やお店、面白い人がたくさん。
それをこれからこちらで紹介していきますね。

生徒にもよく話すのですが、人間、興味のないものは歩いていても通り過ぎてしまうように、意識をせずいると気づかない事が多いと思っています。私は全身で様々なジャンルや感覚の空間に飛び込み、いつでも素直に純粋に物事を感じていたい、そしてそれを自身の作品に落とし込み、また彫刻といった、ある意味マニアックな表現をより多くの人に興味をもってもらいたいと思っています。

まだまだ私の芸術観や制作についてお話ししたいところですが、私の芸術に対しての考え方や制作過程についての動画が兵庫県から出ています。
前述した事が何言うてんのかわからん!彫刻なんて興味ないわ〜という方も、シンプルに数分で私の想いがわかる動画になっていますので、是非こちらを見てください。

興味のないことも、一度意識をして感じてみようかな?と思う事で、また新しい自分の感覚に目覚めるかもしれませんね。

ではでは次回からはアートを軸に面白い事、お店やギャラリーの展示なども紹介していきますのでどうぞ宜しくお願いします。