様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. GOURMET
  3. 上方ビールができるまで
GOURMET

上方ビールができるまで

GOURMET, CULTURE

志方昂司(シカタコウジ)と申します。

2018年に上方ビールを立ち上げ、
2019年6月にビール製造免許を取得。

銭湯(御幸温泉)跡地をリノベーションした日本初の銭湯ブルワリーとしてメディアにも注目していただき、新聞やTVにも多数出演させて頂きました。

企業理念は、「ビールに新しい選択肢を」

自社オリジナルの上方ビールとお客様からのOEMに対応し、上方ビールとして発表するビールはどれだけ好評でも “1度作ったレシピでは2度作らない” という志で現在まで様々なビールを製造・研究しています。

なぜ、この非効率的なスタンスを貫くのか。

日本酒やワインなどは日本全国、世界各国の様々な種類を店主が料理とのバランスを考え仕入れ、その場に合わせた銘柄を提案する。という形が自然と受け入れられている。

なのに、ビールに関しては、

僕が経営していた小さい立ち飲みだろうが、ミシュランの名店だろうが、大手ビールメーカーのビールしか置いていないことがほとんど。(*誤解のない様に、日本の大手ビールメーカーのビールはマジでうまいです、一職人として尊敬しています!)

ビールにも多様性があったら良いのに。

いや、あるべきだ!
という「謎の使命感」が沸き上がりました。

「望んでくださる全ての人のビールを作る!」が実現できる会社にしたい。
お店の看板メニュー1つ1つに合った美味しいビールを作れます! という実力の証明のためにも、上方ビールは多種多様なビール作りに挑戦しています!

現在に至るまで大小さまざまな問題にぶつかり、立ち止まり、折れそうになりましたが、一緒に働いてくれる仲間にも恵まれ、たくさんの温かい人達との出会いがあり、前を向いて頑張っています!

「元女湯で、牛乳ビンでビールをゴクゴク!!?」
銭湯ブルワリーの魅力も
また次の機会があればお伝えさせてください。

上方麦酒 (KAMIGATA BEER) さんの過去の記事