様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. LIFE STYLE
  3. 水草が欲しいって、どう言うことやねん / 打と居と魚:魚の一
LIFE STYLE

水草が欲しいって、どう言うことやねん / 打と居と魚:魚の一

LIFE STYLE

「打と居と魚」
パーカッショニスト木村和人による寄稿は、
パーカッショニスト目線の
「打・カテゴリ」
DIY関連の「居・カテゴリ」
アクアリウム関連の「魚・カテゴリ」
三つのテーマでお届けしております。

本日は…

魚の一:『水草が欲しいって、どう言うことやねん』

ある日の水槽

来年には、齢五十を迎えるわけですが、その間9回の引越しを経験しました。

10回を迎えずに済んだことは(今の所ですがね…)喜ばしいことでありますが、最後に移り住んだこの家には、前の住人の置き土産として、鯉と同じくらいのサイズに巨大化した金魚が残されていました。

子供達に手がかからなくなっていたこともあり、金魚の世話もかいがいしく、水槽の掃除と給餌が新たな日課となったわけですが、移住から2年を経過した春、私は、水槽に無数のちっこいジェルボールみたいなものを発見するのであります。

…卵やな。

ここから、私のアクア趣味がスタートすることとなりました。

ネットをチラチラ見ながらトライしてみますと、簡単に20数匹の稚魚が産まれ、どんどん大きくなり…7匹だけ残して、里子に出しました。

驚愕すべきは、その丈夫さ、貪欲さ、ま~~~たく手がかかりません。

金魚でも、らんちゅうや、出目金、ピンポンパールなどは、繊細な飼育が必要のようですが、うちのは、コメットという流線型タイプ。

こやつらは、強い・・・。

水が綺麗になるというので、カボンバ(金魚藻)、アナカリス、マツモといった、水草を投入してみますと、あくる日には食うてなくなる始末。

ほっといても死なぬな?こやつら…。

というくらい、丈夫なのです。
すると、世話する必要もなくて、物足りなくなるのは、私のわがままですか?

ならば、飼ってみましょう、熱帯魚とやらを。

今度は、ヒーターとか、水を濾過する機械(フィルター)が要るらしい。
面白くなってきましたよ!と。

アマゾンで、水槽・フィルター、ヒーターのオールインワン飼育セットをゲット。3千円ほど。安い!

ペットショップでサカナを物色、即購入。
グッピー2、ネオンテトラ5、プラティ3、シルバーチップテトラ3、ラミノーズ・テトラ5…過密!!

過密になると、水が汚れるのですよ…。
水槽をサイズアップして、水質改善にはやっぱり、水草??

…と思ったら、鑑賞目的の水草があるんですか、なんですか、その世界は??

…といった具合に、短期間に、金魚ー熱帯魚ー水草と、アクアの世界がどんどん広がっていったのであります。

どこの世界もマニアになると、希少種、人気種、というものが現れるのでありまして、それが欲しくなると、もうビョーキです。

そんなわけで、最終的に私はインドネシアからやってきた、15センチほどの水草たった一株に¥5.800円も費やすところまで来てしまいました。

…と、1回目の「魚」カテゴリー記事を、イントロダクション的に駆け足でお届けしました。

次回からは、個別にトピックスを綴ろうと思いますが、ニッチ過ぎて読んでもらえるのか、今から不安でいっぱいです。