様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. CULTURE
  3. 東川崎町・西出町 / 神戸に帰りたい #1
CULTURE

東川崎町・西出町 / 神戸に帰りたい #1

あの場所が、あの味が、あの人たちが恋しい––
神戸をしぶしぶ離れた筆者による、追憶のローカル・エリアガイド。
(text:酒井匠)

第1回 東川崎町・西出町

この春に引っ越すまで4年半のあいだ、神戸に住んでいた。
神戸の中心部に暮らしていると、だいたいのことは徒歩か自転車で事足りる。
にも関わらず、特別な用もないのに、わざわざ電車を使ってまで足が向いてしまう場所というのがある。
そのひとつが、JR神戸駅の南、ハーバーランドの西のエリアだ。
かつて川崎造船所の城下町として栄えた一帯で、その名残りの飲食店が住宅地のなかにぽつぽつと残っている。
また、この街に魅せられた若い(といっても三、四十代だが)世代が、新しくお店をはじめたり、暮らしてもいる。

目当てのひとつは「ホルモン 中畑商店」だ。
お隣の「お好み焼き ひかり」とともにしばしばメディアにも取り上げられるので、関西の大衆酒場愛好者にとってはちょっとした有名店かもしれない。
串スタイルのホルモン焼で、ホルモン60円、アバラ、シンゾー、レバー各120円。 午前中から営業していて、朝酒・昼酒にも重宝する。
酒飲みに混じって、子ども達がおやつにホルモンを買いに来たり、道で遊ぶ子ども達を見守りながら家族連れが昼酒する光景には、美味いとか安いとかを超えた多幸感がある。
自分自身が電車に乗って来ていることを棚に上げて、「これは近くに暮らす人たちが享受するべきもので、遠くから訪ねるのは無粋だ」というような気持ちになる場所だ。

「中畑商店」、「ひかり」と並ぶ地域の老舗で、名物・蒸し豚が絶品だった酒場「ヤスダヤ」は、残念ながら2017年に閉店してしまった。
その遺構をほとんどそのまま活用して、現在、カオティックなカレー店を営んでいるのが「ニューヤスダヤ」だ。
大阪のスパイスカレー有名店「旧ヤム邸」出身のマスターが作る日替わりの「謎カレー」は、もちろん美味しいのだけれど、ときどき食材の組み合わせがあまりにカッティングエッヂで困惑することもある。
また、店名に「大衆スパイス酒場」を冠する通り、スパイスの効いたおつまみが本当にすばらしく、「中畑商店」からハシゴしたうえスパイスつまみをやりはじめてしまうと、カレーにまでたどり着くのが困難だ。

「PORT」は、古ビルの1階を改装し、2020年にオープンしたばかりの自転車店だ。
自転車修理や販売が本業だが、飲み物も提供していて、ここでもお酒が飲めてしまう。
店主の川ちゃんは以前「ニューヤスダヤ」の上階に住んでいた人で、さらに、「PORT」の上階には、「ヤスダヤ」跡の建物をセルフリノベーションして住居と「ニューヤスダヤ」に再生した張本人の平井さんが住んでいる。
自転車と無関係にただ飲みに立ち寄るお客さんも珍しくなく、新たなたまり場のひとつになりつつある。

国道をまたいだ反対側には、古い喫茶店を居抜きにしたイベントスペースの「コマヤ」がある。
オーナーの西浦さん自身もミュージシャンで、半地下階には楽器・機材が所狭しと並び、音楽秘密基地の様相を呈している。
妙な居心地の良さ、どんな種類の音楽をもってきてもハマる懐の深さがあって、神戸で特に好きな会場のひとつだ。

「相一軒」はいわゆる町中華だが、他ではあまりお目にかかることのない、あさりそば、あさり炒めが名物。

そうそう、精肉店「丸富食品」のことも忘れてはならない。
自家製の牛タタキや焼き豚がすばらしくて、買って近くの公園で食べても、お土産にしてもいい。

ところで、このあたりをうろうろしていると、どこかしらで必ず遭遇する人がいる。 三宗匠さんだ。
三宗さんは「salon i’ma」というスペースを運営していて(※現在は移転改修・再オープン準備中)、地域の子ども達向けのイベントから種々のワークショップ、CINEMA dub MONKS や 入江陽 のライブ、都築響一 や 大根仁 のトークといった好事家向けの出し物まで、いろいろなことを行っている。
……と書くとまるでインテリサブカルまちおこし野郎のようだが、三宗さんはそういういけすかなさとは最も遠い人だ。
周囲のお店とも家族ぐるみ、というか家族同然の付き合いをされていて、「中畑商店」の壁には三宗さん達の結婚式やお子さんの写真が貼られている。
飲み屋で居合わせたおっちゃん達の政治的に正しくない会話を、穏やかにいなしたりもする。
街の年長者と外から来る若い世代とを、(実際に仲介するというより、)精神的・象徴的に取り持っている存在と言えるかもしれない。
この街の居心地のよさの何割かは、明確に、三宗さん一家がいることに拠っている。

写真提供:塚原正也

神戸を離れることが決まった年末、三宗さんが主催する、この地域の餅つきにお邪魔した。
「中畑商店」前の空き地に臼が置かれ、「ニューヤスダヤ」や「PORT」も出店を出していて、知っている顔が集まっている。
子ども達は遊び回り、大人はお酒を飲みながら、廃材を燃やして暖を取り、くだらない話をしている。
思い出野郎Aチーム の「ダンスに間に合う」が、ひかえめな音量で流れる。
それは、全員がマスクをしている異様さを忘れるくらい本当に美しい光景だったし、同時に少し、自分は経験していない震災後のこの街のことを想像させもした。
引っ越しが決まったことは誰にも告げぬまま帰路についた。

今回の一曲

■ 思い出野郎Aチーム「ダンスに間に合う」(2017)

和製ソウルバンド・思い出野郎Aチームの、代表曲のひとつ。
なぜだか神戸のあらゆるパーティーでかかってはシンガロングされていて、すっかり自分にとっての神戸生活のテーマソングのようになってしまった。
音楽・パーティーが悪玉として封じられているいま、この曲のアンセム性はますます高まっている。

店舗情報

※新型コロナウイルス感染症拡大と、それに伴う宣言・措置等により、営業日時や提供メニューが異なる可能性があります。

■ ホルモン 中畑商店
神戸市兵庫区東出町3-21-2
営業時間 10:30~19:00
定休日 木、第3水
TEL:078-681-9598

■ お好み焼き ひかり
神戸市兵庫区東出町3-21-2
営業時間 10:30~20:00
定休日 水
TEL:078-671-4016

■ 大衆スパイス酒場 ニューヤスダヤ
神戸市兵庫区西出町2-17-18
営業時間 11:30~14:30/18:00~21:30
定休日 不定
Instagram

■ PORT
神戸市中央区相生町5-1-3
営業時間 10:00~20:00
定休日 月、火
TEL:090-2285-8488
Instagram

■ コマヤ
神戸市中央区相生町5-10-22
イベント時のみ営業
Website

■ 相一軒
神戸市中央区相生町4-1-26
営業時間 17:30~22:00
定休日 日、祝、第2・4・5土
TEL:078-341-3874

■ 丸富食品
神戸市中央区東川崎町7-3-8
営業時間 9:30~19:00
定休日 日
TEL:078-681-3517

■ salon i’ma
移転改修中
Website

酒井匠(酒印) さんの過去の記事