様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. MUSIC
  3. 奥深い珈琲の世界の入り口 / クンゴボンゴ web Vol.3
MUSIC

奥深い珈琲の世界の入り口 / クンゴボンゴ web Vol.3

MUSIC, GOURMET, LIFE STYLE

なかなか文章をまとめるという作業は厄介なもので。

ドラマー / パーカッショニスト / ラジオパーソナリティー の 定成クンゴです。

音楽、車、酒、タバコ、DIY。

とりとめなくツラツラと思うままに。
そんなコラムにしていきたいと考えています。

第3回は、コーヒー焙煎について。

ナンコーヒーって何なん?

今月から新たに「ナンコーヒーって何なん?」というラジオ番組を始めることになりまして。

ふざけたタイトルですが、なかなか奥深い話が聞ける、でも軽めのコーヒーブレイクになる番組。

fmさくだいら / Nan Coffeeってなんなん?
http://www.fmsakudaira.co.jp/news/osirase/48911/

冒頭ナレーションをそのまま引用すると、こんな感じ。

「タイ王国北部の山岳地帯、ナーン県ターワンパー郡。少数山岳民族、ヤオ族、モン族が丁寧に栽培したコーヒー豆。それがナンコーヒー。ナンコーヒージャパンが美味しいコーヒー豆をフェアトレードでお届けします。」

ナンコーヒー販売サイト
http://nancoffee.shop/index.php

『ふーん、なんか小洒落た感じでまとめる、よくFMで聞くような企画よね。』

心の中でそう思ったあなた、はい正解。
普段ラジオをよく聞く、耳の肥えたリスナーさんにとっては、まぁ当たり前な感じかもしれません。

お日様が出ている時間帯の、ほっと一息の15分間、各界をリードする人にインタビュー。
その人となりを垣間見れるような番組構成、そしてナンコーヒーの啓蒙と。

毎月第三日曜日、朝 9:20 〜 9:35
再放送は、第四木曜日17時15分 〜 17時30分です。
ぜひお聴きください。

初回と第二回目のゲストは、世界のブレーキメーカー エンドレスの会長、花里功さん。

エンドレス公式ウェブサイト
https://www.endless-sport.co.jp

と、前振りはここまで。

ただのコーヒー好きの自分にとっては、焙煎してある豆を買ってきて全自動コーヒーマシンに突っ込んで水入れておしまい。

機械任せなもので、美味しい豆をいかに仕入れるか、それだけでした。

世界的なブレーキメーカー、エンドレス製の焙煎器

新しい番組「ナンコーヒーって何なん?」

スポンサー企業2社の名指しで僕が担当することになりました。
そのうちの1社が、レースの世界では泣く子も黙る世界的なブレーキメーカー、エンドレス

正確に言うと、エンドレス100パーセント出資の子会社が、全く新しく立ち上げた別事業の会社「ナンコーヒージャパン」。
これからの脱炭素社会、モータリゼイションの変化が確実に起こるのを見越しての新分野開拓事業。

ナンコーヒージャパンがフェアトレードで、タイ王国から豆を仕入れる。
素敵なことですねぇ。そして、世界のエンドレスなんだもの。焙煎器も作ってしまえ、と。

つまり、エンドレス製の焙煎器。車好きは心が躍るわけです。

ハンドルがスッと回って、焙煎時間およそ10分は、まるで無我の境地。

仲間の住職(兼ベーシスト)は、クルクルハンドルを回している脳内は、まるでお経をあげている時の感覚だと。

そうです。マニ車。

世界のブレーキメーカーが作る焙煎器は、仏教にも通じる、何ともありがたい代物と脳内で進化しました。

奥深い珈琲の世界の入り口

さて、表題【奥深い珈琲の世界の入り口 】

美味しい豆がどこで手に入るか、ここをリサーチするのももちろん大事。
僕は軽井沢の焙煎屋さんカワンルマーコーヒーの豆が1番好きです。
ではありますが。

自分でコーヒー豆を焙煎してみると、湧き上がる感情の違い、一杯のコーヒーのドリップ仕立ての味の違いに驚いたり、がっかりしたり。

豆を炒る最初の8分は無我の境地、そして残り2〜3分は真剣勝負。
弛緩から緊張へ。クルクル回るマニ車(焙煎器)の中の小宇宙に想いを馳せながら、香りの変化に集中しながら、豆の色を伺う。
深炒りで豆の表面に油が浮くタイミングで素早くザルへ。
パチパチと豆がはぜる音は何とも新鮮。

仲間がやってきては、焙煎を楽しんでいます。

3日程寝かせると、甘みとコクがとても良い、ナンコーヒーの出来上がり。
今のところ成功率は90パーセント。たまに失敗するところも、何とも趣深いわけで。
お試しあれ。

さて、そんな「ナンコーヒーって何なん?」のエンディングテーマ曲は、

SuzKen & the Kungo Bongos の新曲『Heal The World』です。

相方、スズケンですが、年初に舌癌からの咽頭癌で手術をして、リハビリしながらの歌入れでした。
シンガーソングライターにとって、喉、声帯は命。手術はどんなに心細かったことでしょう。
彼を応援する気持ちもあり、とにかく出来る限り時間を作って丁寧に作ったアルバムです。
コロナ禍、完全リモートで一生懸命作りました。ぜひ皆様に聞いてもらいたい、そして応援してもらいたいと思います。

CD、iTunes、Spotifyなど、今はいろんな形で聴けます。

オールドスクールな自分から言うと、データ量が配信の10倍多いCDがオススメです。

だって、音が良いんだもの。

SuzKen & The Kungo Bongos
『SOME SPARKLE』
Now on Sale!!

diskunion オンラインショップ
https://diskunion.net/portal/ct/list/0/81007104

アルバム詳細

知る人ぞ知る男性SSW、SuzKen の再始動プロジェクトから、遂にフルアルバムがリリース決定。

先行7inchシングルでもフィーチャーされた Mummy-D (RHYMESTER) に加え、唯一無二のソウルフル・ラッパー、TARO SOUL もゲストボーカルで参加!!

ドラマーの定成クンゴが率いる実力派集団、the Kungo Bongos が全面に渡りサポートし、色彩豊かな華を添えている。

オリジナル楽曲はもちろん、The Beatles や Weldon Irvine といった、SuzKen 自身のルーツに根差したカヴァー楽曲も含め、必聴の一枚に完成。

一時は声も失いかけたSSWであり、癌との戦いから生還した男だからこそが体現できる、数多の輝き (SOME SPARKLE) に満ちた本作を是非手元に。

diskunion 鈴木庸介によるレーベル、URBAN DISCOS からのリリース!!


SuzKen & The Kungo Bongos
new album 「SOME SPAKLE」

Guest Vocal :
Mummy-D(RHYMESTER) on #2
TARO SOUL on #7

SuzKen & the Kungo Bongos :
SuzKen (Vocal)
Kungo Sadanari (Drums)

Takeru Yamazaki (Keyboards)
Mitsuru Tanaka (Trumpet)
Charlie Tanaka (Guitar)
Kazuki Oe (Guitar)
Shoei Yamagiwa (Bass)

Recording Engineer : Kungo Sadanari
Mastering Engineer : Moe Kazama (studio ATLIO)
Designer : Tatsuya Horikawa
Photographer : Sonerie

URBAN DISCOS Producer : Yosuke Suzuki

URBAN DISCOS / JPN / フォーマット CD
規格番号 URDC9 / 発売日 2020年12月16日
EAN 4988044057807