様々な視点で情報を発信するカルチャーマガジン

  1. HOME
  2. MUSIC
  3. クリスマスシーズンのベルリン / From Occident to Orient vol.5
MUSIC

クリスマスシーズンのベルリン / From Occident to Orient vol.5

MUSIC, CULTURE, LIFE STYLE

ベルリンのライトアップスポット

12月となり今年もあっという間に終わりやなと感じている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年は音楽家としては苦難の年でした。。

世界的な新型コロナウイルス流行に伴い多くのコンサートがキャンセルとなってしまいました。

ドイツについてはご存知の方も多いと思いますが、11月2日から部分的ロックダウンとなってしまい、さらに当初の予定よりも延長となり、12月16日からは全面的なロックダウンになってしまいました。

この記事の執筆時点では1月10日までの予定ですが、今後さらに延長される可能性も大いにあるというのが現状です。

本来でしたら街はクリスマスマーケットで賑わい、音楽家としてはクリスマスコンサートやジルベスター(大晦日)コンサート等がある時期ですが、今年はそれらがないので寂しく思っています。

しかしながら、このクリスマスシーズンのベルリンの街を皆様に見てもらえたらと思いまして、今回ライトアップされているスポットの写真をいくつか撮ったのでご紹介していこうと思います。

Mall of Berlin前の広場

まずはベルリンの観光スポットの一つでベルリンフィルの最寄駅、ポツダム広場にあるショッピングモール「Mall of Berlin」の前にある広場で撮った写真です。

建物も木もいい感じにライトアップされてほっこりします。

1枚目の左側にはユニクロが入っています。

実はユニクロや無印良品などいくつか日本企業が進出しており、人気があるようです(僕はまだユニクロには入ったことがありません。笑)

ベルリン動物園駅周辺

こちらも観光スポットになりますが、ベルリン動物園駅周辺の写真です。

カイザー・ヴィルヘルム記念教会」という大きな教会の側の広場では毎年クリスマスマーケットが開催されますが、残念ながら今年は中止となってしまい、いくつかの屋台の出店があるのみとなっています。

それでも教会の隣りには立派なクリスマスツリーが飾られていました。

ヴィッテンベルク広場近辺

ここから少し東、ヴィッテンベルク広場近辺のライトアップもとても綺麗でした。

ヴィルマースドーファー通り

そして、シャルロッテンブルク地区のショッピングエリア、ヴィルマースドーファー通りのクリスマスツリーのライトアップはとても豪華でした。お洒落な出店もいくつかありました。

毎年クリスマスシーズンや年末年始は盛り上がるドイツですが、今年はロックダウンによって盛り上がりがないのが残念です。

ちなみにドイツでは、クリスマスは25日・26日の2日間でして、祝日となっています。

クリスマスイブ(24日)は祝日ではありませんが、企業によっては休日にしている場合もあるようです。もちろんジルベスターも1月1日も祝日です。

カーヌーン演奏 ①「戦場のメリークリスマス」

最後に、クリスマスに関する曲を最近2曲撮ってYouTubeにアップしましたので、もし良ければ是非ご覧ください。

まずは言わずと知れた坂本龍一氏の名曲「戦場のメリークリスマス」をカーヌーンで弾いてみた動画です。

カーヌーン演奏 ②「ズーサー・ディー・グロッケン・ニー・クリンゲン」

もう1曲はドイツのクリスマスソングから「ズーサー・ディー・グロッケン・ニー・クリンゲン」という曲の動画です。

ドイツのクリスマスソングはいい曲が多く、他にも演奏動画をアップしてみようと思っていますので、もし良ければ是非チャンネル登録をお願いします。

YouTube channel
https://www.youtube.com/channel/UC7jmJQ2DEUm9sGwuCaeRZqg